2014年03月17日

決戦ホイールの組み替え

決戦用の中華カーボンホイールを組み替えたのですが
書かずに放置しちゃってたので忘れないうちに。
ちょっと忘れてるけど。

まずはフロントですがハブの色が変わっただけです。
20140317_101633.jpg
リア11s化の時に黒ハブにしたのでフロントも合わせました。
赤いハブは前後供サーベロ用に。
ヌポーク組も考えましたがスポーク使い回しなので今回はやめ。

組み上がり。
20140317_101809.jpg

リアはヨンゼロで組んでありましたが某ラボさんの書く所を
低能な自分なりに要約すると手組で反フリー側ラジアルはあほう
という事のようなのでヨンロクに組み替えました。
そもそも何でヨンゼロで組んだのかというと
訳も分からず何かの真似をしてこうなったのですが
コレは実際のトコロ反フリー側のテンションが上げられず
シュータッチしちゃうホイールでした。
なので本番ではリアのブレーキ開いて使ってましたが
つくばの時なんて後に並んでた親切なヒトに
ブレーキ開いてますよってご指摘を頂いたりしました。

フリー側のスポークは使い回し。
長さの変わる反フリー側スポークだけ新品を調達。
組み上がり。
20140317_101842.jpg
ところでリアの11s化が何処にも書いて無いので
書き忘れて放置しちゃったみたいですね。アハハ。
10sの時の重量は644gになってるので反フリー側のスポークが
長くなってるのに前より軽いという怪奇現象が起きてますが
コレは10sハブより11sハブの方が軽いんでしょうね、多分。
探せばどっかに画像が残ってるかな。
やっぱりちゃんと書いとかないとダメですね。
反省。

とりあえずココまででしたが後日反フリー側のみ結線。
20140317_102219.jpg
1g増えましたね。







posted by 柳 at 15:12| Comment(0) | 中華カーボンホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

中華カーボンホイール ver2完

またまた3ヶ月も放置してしまいましたが
ふと思い出したので一応ver2完結編を簡潔に。

前回の記事で書いた$116.84という金額は結局1本の値段というオチでしたw
どーもすんません。
それでも十分安いですけどね。
チームのメンバーにも頼まれたので3本買いましたが
重量は335g、339g、342gでした。


前回のリムとの比較。
P1000950.JPG
左が前回で右が今回のリム。
今回のリムは中央に溝がありました。
前回の方が仕上がりが全然キレイで精度も良さそうです。

スポーク、ニップル、ハブは前回と一緒で
組みあがり重量が504g
P1000973.JPG
24g増量と残念な結果。

回してみると結構極端に同じところで
止まるので重量バランスも悪いですね。

今回のリムはココで買いました。
まぁ安さに拘るならコレも一つの選択肢ですが
前回使ったリムの方が品質は良いと思います。

でも次の機会があればまた別のモノを
試してみたいかもww
次の機会は無い方が良いけど。

※追記
今回のリムはASHIMAのブレーキシューが付属でした。
P1000970.JPG


ラベル:中華リム
posted by 柳 at 10:10| Comment(2) | 中華カーボンホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

中華カーボンホイール リムver2編

そんな訳で秋からヒルクラ3戦で活躍してくれた
中華ホイールですが転んでフロント壊しちゃいました。

P1000936.JPG

しかしもうコレなしで決戦は考えられないので早速ver2に着手です。
出来れば年明けのもてぎに間に合わせたいのですが
予算も無いのでとりあえず20Hのリム1本だけ買って組み直そうと物色。
1本売りって案外無いんですが2本セットで破格なところを
見つけてしまいました。

前回のモノとほぼ同等と思える20H/24Hの定番セットで
ナント$116.84 送料が$21.43で計$138.27
前回は送料込みで$330ですから実に半額以下。
コレでいくと今のレートで3万4千弱くらいで
前後1200g以下の軽量ホイールが組めちゃいますね。
もうナンジャそりゃな安さです。恐るべし中華。
あんまり安いからちょっと心配になってしまいますが
とりあえずポチってみましたw

一応こんなん書いてあります。
Item specifics
Place of Origin: Shanghai China (Mainland)
Finishing: 3K/UD
Wheel Material: Carbon
Size: 700C
Spoke Hole: 20/24H
Material:: Toray T700 Carbon Fiber
Spoke holes:: 20/24H
Size:: 700c
Packing: Air Bubble Film+ Standard Carton
Suit for: Road/Racing Bicycle
Weight: 330+/-10g

330+/-10gということは340gの固体が来る事もある訳で
そーすると前回より20gも重くなってしまうので
「なるべく軽いのにしてね」と書いたつもりですが
通じたかはわかりませんww
通じたとしても無視されるかもしれませんww

とりあえずちゃんとしたモノが無事届きますよーに。

続く・・・

ラベル:中華リム
posted by 柳 at 22:36| Comment(0) | 中華カーボンホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

中華カーボンホイール 手組み編

忙しさにかまけて2ヶ月以上も放置してしまいましたが
中華カーボン検索でココに辿り着く方もボチボチいるようなので
久しぶりに更新です。

そんな訳で話は遡りますがパーツが揃ったところで
いざ手組みです。

組むのに最低限必要なものが幾つかありますが
話をススメながら。

組む為の基礎知識やら手順等は
コチラコチラを参考にさせて頂きました。
コレで大概なんとかなると思います。


フロントの仮組みから作業開始。
P1000650.JPG
スポーク&ニップルのねじ山部と
ニップルのカリ首(リムに接触するところ)に
グリス塗布が必須ですがリムがカーボンなので
何でもイーという訳にはいきません。
ニップル専用のモノも当然ありますが
今回自分はFINISH LINEのセラミックグリスを使いました。
この成分はカーボンを攻撃しないとナニかで読んだ記憶が
あるのですが出所不明なので内容を保証するモノではありませんw

フロントはスポーク交差の無いラジアル組なので
特に考える事はありません。
通常はバルブ穴からハブのロゴが見えるように
組むのが見た目的な様式らしいですが
このハブはなぁ~んにも書いてないのでそれも不要ですww
一本ずつ通しながら組むヒトもいるようですが
自分は先に全部のスポークをハブに通してから組みました。


ディープリムなのでニップルを通すのに
要らないスポークとニップルが1つあると便利です。
P1000652.JPG
こんな感じで爪楊枝でグリス塗りながら繋いでいきます。

リアはフリー側2クロス反フリー側ラジアルという
スポークパターンなのでちょっとややこしいですね。

詳しい手順とかコツとか技術的なことはココに求めずに
ちゃんとしたサイトへいくかDVDなり書籍なり購入してくださいw
なにせ自分もド素人ですから。

そんな訳でなんとか仮組み。
P1000657.JPG

これでもう重量は変わらないので早速計量。

フロント480g
P1000654.JPG

リア644g
P1000655.JPG

前後で1124g 軽いですね♪

アトはテンション上げて振れ取りです。
必要なモノはニップル回しとエアロスポークのねじれ押えツール。
勿論テンションメーターは必須。
P1000691.JPG P1000908.jpg

それと振れ取り台ですね。
P1000658.JPG

安いのでミノウラの振れ取り台になりがちですが
コレはホイルの固定部がちゃちくて簡単に動いてしまいます。
時間かけてキッチリ振れとってセンターゲージ当てたら
センターがずれているなんて事が繰り返されると
星一徹のような心持になり卓袱台をひっくり返しかねないので
注意が必要です。

コレはもう慌てずに根気よくやりましょう。
時間をかければ素人でもなんとかなります。

スポークテンションはフロント70~80kgf
リアはフリー側120~130kgf 反フリー側で50~60kgfくらい。
外周部を出来るだけ軽くしたくてアルミニップルを選択したので
130kgfでも結構厳しいかも。
リムの方は38mm高なのでそれなりに強度あると思います。
駆動伝達は張ってる方がレスポンスが良いような気がして
テンション上げてみましたが上げりゃ良いってもんでも
無いみたいですね。伸びも必要とか?
その辺も深いところは分かりませんが
とりあえずそんなテンションで組みました。
振れの方も縦横1ミリ程度には納めて。

完成です♪
P1000663.JPG


今回の費用ですが
リム$245+送料$85=$330

スポーク$2.95×48本(予備含む)=$141.6
ハブF.Rセットで$110
ハブ&スポークの送料が$17.76なのでで$269.36

$330+$269.36=$599.36 
購入時レートが77円として46150円くらい。
それに買い忘れたニップルが40円×50個(予備含む)=2000円
合計48150円くらいですね。
カーボンホイールとしては破格です。

実は自分がずっと欲しかったホイールはコレなんですが
20万くらいしますのでモチロン買えませんw

このビルダーさんはご自身のブログで
ホイールで重要なのは軽さ→空力→剛性だと書いて居りますが
軽さでは中華の勝利ww
絶対性能はともかくとして
コストパフォーマンスは抜群なので
安く手組みを検討している方は逝っちゃってください。
と背中は押しますが責任は一切負いませんので
くれぐれも自己責任でやってください。


posted by 柳 at 00:03| Comment(0) | 中華カーボンホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

中華カーボンホイール スポーク&ハブ編

赤城ヒルクライムに間に合わせようと
バタバタ組んでしまったのですっかり放置してましたが
写真は撮ってあるので暇をみて更新したいと思います。

そんな訳で話は前後しますがスポーク&ハブです。
ココで買いました。

スポークは言わずと知れたSapim CX-Rayです。
ハブの素性はさっぱりわかりませんww
とにかく安くて軽いので人柱です。

フランジが小さめなのでスポーク短くして
横だか捩れだかの剛性云々な場合は向かないですが
なにせ軽くてなかなか良く回ります。
ラチェット音は好みの分かれるところですが
ちょっと安っぽいかな。ちょっと煩さめかも。
でもこれで耐久性があればオススメできちゃいますね。

このショップなかな反応が良く、
金曜の晩に注文したら土曜の朝には発送したぜメールがきてました。

送料ケチったので定形外郵便的なヤツで追跡もなしですが
ノースカロライナはチャペルヒルとゆー街から発送されて
およそ10日で無事到着しました。
普通郵便扱いなので本来はポスト投函ですが
ポストに入らないので一旦不在で持ち帰り夜に再配達となりました。


こんな感じで英語の新聞に包まれて届きました。
P1000637.JPG P1000638.JPG

そしてニップルが無いことに気付く。
なぜか付属と思い込んでいたのですがフツーに別売りでした。
翌日タキザワでDTのアルミニップル調達。1個40円。
スポークと一緒にSAPIMのニップル頼めば
1個27円くらいで買えたのに・・。
P1000646.jpg


例によって計量の儀

フロントハブ
P1000639.JPG

リアハブ
P1000640.JPG

フロントスポーク&ニップル
P1000648.JPG

リアスポーク&ニップル
P1000649.JPG

フロントリムが318gリアリムが320gなので
計算ではフロント480gリア643g前後で1123gになりますね♪

手組み編へ続く・・・

posted by 柳 at 22:48| Comment(0) | 中華カーボンホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

中華カーボンホイール リム編

さて、先日中国から届いた大きな箱の話です。

コレね。
P1000597.jpg

こんなん出ました♪
P1000598.JPG P1000599.JPG

タイトルに書いちゃってますが流行の中華カーボンです。
3Kの38mmハイト。
P1000628.JPG P1000627.JPG

日曜日にポチって金曜に届きました。
ナニワトモアレ計量の儀。

フロント20H 318g
P1000602.JPG

リア24H 320g
P1000601.JPG

ムフ♪ 軽いね♪

で、勿論このままでは何の役にもたたないので
大体4等分くらいに切断して適当なフックを付けて
小洒落た衣類ハンガーを作ります。

いや作りません。

決戦ホイールを手組みしますモチロン。シロートのクセに。
英語もわからん無学ガテン系のオッサンが無謀にも海外通販で
中華リムやらハブやらスポークやらを購入して
できるだけ安く決戦ホーイルを組もうという切なく悲しい物語です。

まずスポーク長を計算しなくてはならんので
有効リム径(ERD)を実測。
3箇所計って平均とれとか書いてあったりしますが
2本ともどこで計っても同じでした。真円です。立派です。

難しい事は抜きにしてスポーク長の計算は
スポーク長 計算器のお世話になりました。

フロントラジアル、リアはフリー側2クロス反フリー側ラジアルという
良くあるパターンでいきます。

ハブの寸法は購入予定のサイトに細かく記載されてたので
そのまま信用して計算しました。

で、リムが届いた金曜の夜に計算してハブとスポークもポチったら
土曜日にはもう送ったぜ的なメールが来てた。英語読めないけどたぶん。
でもコチラはアメリカらしいのでどのくらいで届くのかわからん。
1週間くらいでくるのかな?

ハブは無名で安くて軽いコレにしてみました。
スポークはSapim CX-Ray - BLACK。高いけどコレは奮発した。

ハブの重量はホイルの特性にはあまり影響ないんだろーけど
仕上がり重量が軽くなるのはやはり嬉しい。安いし。
とゆー訳で仕上がり予定重量を計算してみると

リムFR638g ハブFR277g スポーク&ニップルが250gとしても
1165gで仕上がる予定。コレは楽しみだ。

進展があったらまた書きます。

スポークテンションをどのくらいにするか悩むところ。
スポーク&ハブへ続く・・・


追記
リムの購入先が書いてなかったですね。
中華カーボンもいろんなトコで買えますが
今回はココで買ってみました。
完組も安いですね。
その他諸々先駆者のシナノッチ♪さんに情報頂きました。
有難うございました。

posted by 柳 at 23:21| Comment(8) | 中華カーボンホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。