2016年09月27日

2016赤城山ヒルクライム

Time1:06:57 259W 男子C 17位/470人

65分〜67分くらいの想定だったので下限ギリギリ。
1週前には57kgまで絞ってましたがレース前日に真夜中のイタリアンテロ勃発で起床時体重60kg超。なんじゃこりゃ(松田優作風に)
ちょっとスカってる感じだったので意図的に少し戻したのですが真夜中のイタリアンは余計でしたね。
結果的には今回は57kgで走った方が速かったと思う。多分。

あと3キロくらい絞ってパワーが戻れば先頭集団でやれる筈。
来年は表彰台に登壇して副賞のウクレレで漫談を披露できるように牧伸二のトレーニング理論を実践します。

レース前日からアフターパーリーまでチーム内外の素敵な仲間達に囲まれてとても幸せな時間でした。
ありがとうございました。



posted by 柳 at 10:16| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

2016/8/28 乗鞍

男子E 69位/1126人 72分51秒

70分は切れるだろーと思ってましたが全然ダメでした。
45分くらいで脚が攣りはじめて失速。
終盤はただ止まらないように騙し騙しで走るだけ。
まぁ全然絞れてないし練習量も足りてないのでこんなもんですよね。
んでも幻のタタミダイーラに無事たどり着けたので良かったです。

最近はツーリングの方が楽しくてレースへの情熱はめっきり衰退してますが、一方で久しぶりに走れる自分に会いたいという気持ちもありますので赤城まではもう少し頑張ります。カリカリに仕上げるにはちと時間が足りませんが結構走れる自分には会えると思います。

※SP沈黙でパワーデータなし。
VIVOもなぜか終始130〜140くらいの心拍表示でなんじゃこりゃでした。(レースでは通常170以上)

posted by 柳 at 11:12| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

2016.8.7 枝折峠ヒルクライム

男子C 17位/123人
43m28s 244W 93rpm
体重は計ってないけど61〜62くらいかと。

持病のヘルニアが悪化して参加も危ぶまれましたがなんとか回復して出走できました。
思ったより全然走れて今のコンディションでは出来すぎなくらい。
前方にずっとガミさんが居たので頑張れました。

枝折はやっぱり楽しいですねー。
コレでまたちょっと火がつきました。
乗鞍には間に合いませんがホームの赤城では越後ブラックをやっつけましょう。


posted by 柳 at 10:53| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

5/22 ハルヒル

3時起床の体重62.5kgマジかこれ。
4時出発の自走で天さんを向かえにいく。
二人でのんびりフルーツライン経由で会場へ。

そのまま第2ウェーブの待機場所に自転車置いて徒歩で荷物預けーの軽量化やら皆さんにご挨拶やらどーもどーもであっとゆーまに移動開始。

スタート地点に着いたらソッコーで最後のトイレを済ませてスッキリ戻ると道端でチームのしんのすけくんが最終回の矢吹丈のように真っ白に放心していた。
理由はコレ
IMG_20160524_103317.jpg

シューズのソールがパッカーん
おもしろ過ぎて笑えないのでなんとか走らせてやろうと皆で知恵を絞る。
テープでぐるぐる巻きにしちゃえばいけそうだけどソコはスタート直前だし時間もなければ勿論テープもない。
右往左往しているところにトイレットぺーパーを抱えた運営スタッフさんが通りかかったので事情を説明するとダッシュでガムテを探しに行ってくれました。
しかし如何せん時間が無いので焦っているとトッシーさんが何処からか劣化した元セロテープのようなモノを見つけて来てくれてとりあえず巻いてみるがひと巻きで終わる。続いてチームのコバヤさんが劣化した謎の細紐のようなモノを見つけて来てくれたのでコレで縛ればイケルかもと試みるが軽く引っ張っただけでブチっとキレる。
みんなおもしろすぎる。。。
一通りネタみせが終ったところで先程のスタッフさんがガムテを持って息を切らせながら全力で戻ってきてくれました。本当に助かりました。有難うございました。
時間が無いので慌ててガムテを巻き始めたらなんかエキスパのカウントダウン始まってるし。
エキスパがスタートしちゃったので一旦スタートポジションに移動して第2ウェーブスタートギリギリまで巻けるだけ巻く。
スタート30秒前のアナウンスを聞いたところで自分の自転車に駆け戻り無事スタート。
その後の柳のぬるーい走りは動画でご確認ください。



48分22秒。。。

今回は落車が無くて何よりですね。

ゴール後は上武大学のキレイなおねーさんが無料でマッサージしてくれてオジサンはもう幸せ。
1464053282091.jpg
マッサージ中にアンカンミンカンにインタビューされましたが群テレですかね。まぁ自分は顔立ちが放送コードに抵触するタイプなので使われても顔はモザイクでしょう。

今日の作品
IMG_20160524_103334.jpg

IMG_20160524_103354.jpg
最後までキッチリ仕事してくれたようです。
有難うガムテ。僕はキミの粘着を忘れない。

大会終了後はチーム11人で焼肉昼喰らいむKing of meat!

リザルト
IMG_20160524_1581.jpg
ショコラケーキ22個とか。
なんか肉焼く前からケーキ頼んでたし。


いつも文句ばかり言ってますがやっぱり地元の大会は楽しいですねー。
ハルヒル運営スタッフの皆さん楽しい大会有難うございました。

posted by 柳 at 15:34| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

3/20おもてなし前橋シクロ

初のシクロレース
チームからりょーくん、シナノッチさん、ガミさん柳の4人参戦。
個人戦ファンクラスはりょーくん優勝、シナノッチさん2位、
ガミさん3位、柳4位。。。

オレ撮影係
DSC_0042.JPG


チームエンデューロは4人で参戦して2位でした。
どちらかといえば足を引っぱった柳ですが
自分の手柄のような顔で表彰台へ。
DSC_0055.JPG


レースレポはシナノッチさんのブログを参照してください。

初シクロはすごーく楽しかったけど
すごーーく疲れて廃人継続中です。。。



上毛プロレス 前橋興行
DSC_0058.JPG

Bエンドルフィて
DSC_0061.JPG

posted by 柳 at 21:25| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

2015.4.19 第29回ツールド八ヶ岳

ツールド八ヶ岳 男子E 16位/235人
1h14m45s 222w 84rpm(SP値)

起床時体重56.5kgでベストにはまだ遠いですが
ベースは上がっている筈なので
もう少し走れると思ったのですが惨敗でした。

リザルト意識して走るレースはホント久しぶりなので
準備段階から不手際オンパレードでしたが
これも順次改善していきましょう。

早目に現地入りしたのにシナノッチさんと
遊び歩いていたらアップする時間も無くなるとか
これも順次改善していきましょう。

ボトル無しでしたが序盤から喉カラッからで
これも失敗でしたね。

レースの方はスタート早々にT本さんがアタック。
ちょっと無謀に見えましたが行ったのが
赤城獲ってるT本さんだったので追っかけちゃいました。
いやオレが無謀w
長いの苦手だから集団後方で出来る限り温存の
作戦だったのですがレースになるとついね。
これで盛大に脚使って本日のお仕事終了な感じ。
とりあえず追いついたので少し休めるかなと思ったら
9分くらいでスズキさんがちょっと仕掛けるとか
マジっすか。
泣きながらチェックに行ったら どーする、イっちゃう?
って聞かれましたが即答ムリっす
次回は そっすねイっちゃいましょうって言えるように
精進しますのでまた誘ってください。
その後もT内さんとかY澤兄貴とか交代で牽くもんだから
全然休ませて貰えず20分で千切れる。
この時点で前に7人。
結構離れちゃったけど7番手のS藤さんが
まだ見える位置だったのでそれをモチベに粘ってましたが
残り5kmを過ぎたところで脚が攣って失速。
騙し騙しで回そうと思ったのですが完全に攣ってしまって
屈辱の完全停車。
自転車降りて1分程脚を伸ばしたら行けそうになったので
再スタートして騙し騙しで走る。
出来る限り抜かれた同クラスを回収しつつ
男子Fの4位の方とペースが合ったので
励まし合いながらゴールまで。


車載動画貼っときます。
安物中華カメラでテキトーマウントなので
画質悪く見辛いですがご了承下さい。


シーズン初戦、久しぶりのガチレースは惨敗で
悔しさは勿論あるのですが、今はそれ以上に
あの猛者達をどうすればやっつけられるかを
考えるのが楽しくて仕方ない。

オッサンクラスの熱苦しい戦いに戻ってきたぜオレ。

20分で終わったけど

次は最後までいくぜ

posted by 柳 at 09:35| Comment(4) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

2014赤城山ヒルクライム

大変御無沙汰しております。
前頭四枚目の柳です。

ふんわりと赤城山ヒルクライムに参加しましたので
一応簡単にレポでも。

男子C 1h19m37s 154位/1007人

スタートグリッドはZENSUKEさん、シナノッチさんと3人並びの原点回帰。
なんかもうこれだけでもエントリーして良かったなと。

スタート直後にZENSUKEさんは前へ、シナノッチさんは後へ消えてしまいましたが
数分はもけけさんとランデブーできたりその先でマダムを口説いたりと
ナカナカ楽しいレースになりました。

ただね、80分はナゲーよシンドイよケツイテーよと思ったので
来年は悪くても70分以内に納めたいですね。


自分は今年のレースはこれで終了です。
ブログの更新も久しぶりなのでここで一句

ホビーレーサーはそれだけを頑張ろうと思っても
絶対にうまくいかないのだと思います。
仕事であれ家庭であれ、自分がやるべきことには
すべて真摯に向き合う事で心身ともに向上し、
より高みへ進めるのでしょうね。
レース会場で久しぶりに強豪クライマーの皆さんに触れて
そーゆーのをヒシヒシと感じました。

自転車に限らず、何かを蔑ろにしてしまうと
別の何かも上手くいかなかなる負のスパイラルに陥りますね。
高いレベルを長期に渡って維持している皆さんに感化されて
自分も襟を正そうと思いました。
チーム内ではあの天さんが遂にNewマシン導入で
モチベーションがうなぎ登りなので
便乗しつつ来期に向けてまた楽しく積んで行きたいですね。
纏まらぬ思いをとりとめもなく綴りましたが
最後に「どこが一句やねん!!」
と、つっこんで頂ければ幸甚です。







posted by 柳 at 10:46| Comment(5) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

08/10枝折峠ヒルクライム

枝折峠ヒルクライム行ってきました。

男子C 23位/105人 44min41s 242W(SP値)3.9倍くらい

8分くらいで先頭集団から千切れましたが動画をどーぞ。


持病の夏バテと恒例の練習不足で完走も危ういかと思いましたが
思ったよりは走れました。

スイカもおにぎりも旨かったし枝折はやっぱり良いですね。

秋に向けてボチボチ頑張りますのでまたよろしくお願いします。


posted by 柳 at 02:46| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

06/22 2014ツールドつくば

さくっとレースレポ

結果は男子C 5位/236人 30:34:589
SP値 30m22s 249W 93rpm


前泊で参加です。
当日はフツーに雨。
4時半頃に会場着で車中泊のZENSUKEさんのとなりへ駐車。
ホイールどっちで行くか悩んだけど決戦ホイールで。
クルマのリアハッチの下で軽くロラ。
ホイール替えたので変速調整したりブレーキシュー交換したり
してたらあっという間に荷物預かり閉め切り時間になって
ちょっと慌てる。
開会式の後スタートまでにたっぷり時間があるので
トイレで軽量化を済ませる。

雨は徐々に強くなる。雨男Kぼたさん効果ですね。
時間が来たら100均カッパ脱ぎ捨てて整列。
すぐ寒い。
スタート地点へ移動。すぐびしょ濡れで更に寒い。
雨は強くなる。Kぼたさん効果。

2列目くらいからのスタートでしたが一人ゴツイひとが
ガーっと飛び出したので不動入り口までのタイム稼げるかなと
後ろについてみましたが水飛沫がすごいからダメじゃん。
不動峠に入るとゴツイひとはすぐ消えて先頭に。
しかし登り始めたら自分も今日はダメな日を感じる。
なんかL4ワークの翌日な疲労感でした。
少し抑え目で行こうかなとかモジモジしてたら
デダチャイなS藤さんが前に出る。(ゴール後にお名前伺いました)
すぐに後ろに着きましたがこれがキツい。
あー 今日は多分この人に勝てないなと感じる。
後ろにはKぼたさんもピタリでコリャ厳しい。
カシャコンカシャン変速整備不良的な音が聞こえてるので
ZENSUKEさんも居るなと。とりあえず4人パック。
不動の後半でS藤さんが少し緩んだのでキツいけど
もう一回前に出る。ここで牽制しちゃったらレースにならないから。
不動の終わりバンプ地帯辺りでカシャコンが遠退いたので
ZENSUKEさんは切れたかなと。3人パック。
スカイラインは殆どS藤さんの牽き。
雨は強まるし霧は濃いしポンコツサングラスは曇りまくるので
前が全然見えない。恐るべしKぼたさん効果。
コースを熟知したS藤さんが牽いてくれてホント助かりました。
自分はフロント36Tのシングル仕様でしたがこの天候では下りも
速度上がらずでギアは全然足りてましたね。
風返しで満を持してKぼたさんが上がる。
キツいけどこんな楽しいシチュエーションで切れる訳にはイカンよね。
一番先にスタート切ってる自分はこのままパックで行ったら
負けなのでラスト500mで仕掛ける。
ぬぉぉー 振りきれない。
残り100mでタレてKぼたさんが前に出る。
せめてゴールだけでも取ろうと最後にもう一度もがいて並びかけるも
タイヤ半分ほど届かずゴールライン通過。
続いてS藤さん。
ゴール後は3人で握手。熱かったです。楽しかったです。
雨の中走って良かった。

レースは楽しかったですが個人的には反省点だらけ。
好調ならば後10Wは乗せられたはず。
Kぼたさんと競ってはいますがコチラは完全決戦装備に対して
アチラはサブバイクにクリンチャー仕様でしたからね。

ダメだった原因を考えてみると色々有りますが、
基本的には前日やり過ぎたかなと。
帰宅後に確認したらレース前日の午後2時過ぎから
70TSSくらい踏んでましたね。
元気だったので軽い気持ちで乗ってたのですが。


posted by 柳 at 11:34| Comment(2) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

05/18ハルヒル本番

起床時体重56.4kg
昨年ハルヒルから+3キロあぅぅ。
でもカーボばっちりなので諦めず頑張るぜ。

今年は割り当てPが食肉センターって遠いし坂の上やん
ハズレやんと思いましたがシナノッチさんと一緒だったので
当たりという事になりました。

4時半くらいに到着したら既にシナノッチさんが居て
隣を確保してくれてました♪
DSC_1642.JPG
軽くローラーでアップして仮設トイレで軽量化も済ませてから
二人で仲良く会場へ移動。

会場はもうすごい賑わいというか混雑です。
荷物預けて待機場所へバイク並べたら例によって皆さんにご挨拶。
いつもの練習仲間やらお久し振りな皆さんと盛り上がる。
地元の大規模大会なのでいつもは寂しい弱小チームβ-endorphinからも
今日は6名の出走。楽しいねー。

そしてスタート地点へ移動開始。
ネット計測なので少し後ろからスタートした方が有利ですが
マックさん、バキンさん、Kぼたさん、O田さん、T田さん等
同クラス有力どころが概ねまとまっていたので
自分もそこで一緒にスタートを切る。
序盤は緩めのペースでしたかね。
八ヶ岳男子CチャンプのO合さんと今年復活の40代T田さんが
牽いてる時間が長かった印象。
自分はマックさんをマークして4~5番手当たりの位置取りで。
ちと曖昧ですが多分20分くらい経過したところで
少し斜度が上がると 八ヶ岳CチャンプのO合さんと
それをピッタリマークしてた八ヶ岳Dチャンプのとつか?さんの
2名がちょっと抜ける。
自分はクラスが違うので見送って温存が正解ですが
このまま2名が決まりそうな抜けかたに誰も行かないので
とっさにブリッジ掛けちゃいました。
もともと余裕が無いのにこーゆー無駄脚使っちゃうから
程なくタレる。
まぁ時間的にも25分くらいが柳のタレータイマー
発動リミットなんですけどね。
で一端集団にゴソっと抜かれてその少し後ろで
なんとか踏み留まる。
前に15~16人でしょうか。
もうこうなると年代の区別がまったくつかず
自分の順位はさっぱりわかりませんが
10秒程前に見えるjungeさんと更にその前10秒程に見える
シナノッチさんをモチベーションに粘る。
終盤はかなりタレまくってましたが皆タレまくってるので
その差あまり変わらず。
落ちてくるヒトをポツポツ拾いつつ手前で抜いた
30代のヒトに最終コーナー後に抜き返されてゴール。

榛名湖コース 男子 40―49歳
3位/1207人 Time 43:03.028 +TOP 00:48.558 Ave22.43km/h
今回初めてレースにStagesPower導入しました。
43min04s 252W 94RPM でしたが
自分の場合強度が高くなればなるほど
ペダリング的にも思想的にも右傾化が顕著なので
ガチクライムではPT比-10Wくらいと思われます。
262Wで4.6倍くらい。
ヒルクラ計算に嵌めると272W4.8倍とかになりますが
前半のドラフティングを考慮すると4.6倍はまぁ妥当かなと。


レースの後は皆で持ち寄ったお菓子なんかで楽しい宴。
DSC_1643.JPG
下山開始までもとっても楽しい。

時間になって下山の列に並んだらコレがちっとも進まない。
暇なのでシナノッチさんのキュートなリュックを写真に収める。
DSC_1645.JPG
てか表彰式間に合わなくね?

会場に戻るとやっぱり表彰式は始まってました。
自分の表彰にギリギリ滑り込み。
間に合って良かったよ。
DSC_1674.JPG

この後もシナノッチさんと揚げ物とかクレープとか
ヤバイ系を食べまくり。
レース後くらいは開放しないとね。

昨年に続き表彰関係では え? なところがありましたが
駐車場とか会場、沿道のスタッフの皆さんは
本当に温かく親切で感謝感激です。
有難う御座いました。

DSC_1692.JPG

昨年銀で今年が銅ですからもう来年は金しかないよね。
あの水玉ジャージがすごく欲しい。
ガンバロー。


チーム小(A)さんが前日TTの写真送ってくれたので
ついでに掲載しときます。
IMG_0734.jpg IMG_8595.jpg



posted by 柳 at 22:18| Comment(4) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

05/17 ハルヒルTT

昨夜ADDICTの変速調整とかやったので動作確認兼ねて
朝8時ごろから新道料金所まで軽くお散歩。
48min 350kj

早めに出発してメイン会場のセール品を物色してから
湖畔へ行こうと思っていたのですが結局遅くなって
直接TT会場へ向かう。

DSC_1635.JPG

ローラー持って行ったけど未舗装Pだったので使わず。
とりあえずコースへ出て軽く1本流す。
所々で横からの強風に煽られてディープリムだと
ムッチャ怖いけどコレしか持ってきてないのよね。

βからの出走は自分だけで寂しいのでナッカラーノな人達を
見つけて遊んでもらう。
暇なのであちらこちらを邪魔して回ってましたが
KEN坊さんがもう一本いくというので
TUKAさん、ラビットさんとお供する。
楽しいわー。

整列が始まったところでとらやさんも発見。
お久しぶりです♪

でTTスタート。
去年はホントのガチ踏みで翌日にかなりのダメージが残ったので
今年は抑えてスタート。の筈が結構踏んじゃうw
前半で1人パスして終盤にもう1人届きそうで届かずゴール。
去年のゴール後は脚ぷるっぷるでしたが
今年は理性の範囲内で心地よい疲労。
でも気管は結構きてて咳き込む。
ゴール地点はあちらこちらで皆咳き込んでるw

ハルヒルTT結果
22位/233人 Time 10:13.366 +TOP 01:22.827 Ave39.91km/h

てかもう 正式リザルト出てるハルヒルすごいね。

さて明日がいよいよハルヒル本番ですが
先週55kgだった体重が何故か今朝は57kgとか。。。
去年のハルヒルから+3.5キロうあぁぁぁ。
重いのでちょっと勝負にはならんかもしれませんが
がっつり食った分かなり元気にはなったので頑張りまっせ。


特別付録 TT後のとらやさん
DSC_1636.JPG

明日も宜しくお願いします。

posted by 柳 at 21:01| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

2013レース結果と2014予定

2013のエントリーレースと結果

01/03 ツインリンクもてぎ100kmサイクルマラソン
男子D 18位/198人 2h46m03s AV36.42km/h

04/21 第18回ツール.ド.草津
降雪の為大会中止

05/18 第1回 榛名山ヒルクライムin高崎
湖畔タイムトライアル
15位/132人 0:10:01.083

05/19 第1回 榛名山ヒルクライムin高崎
榛名湖コース 男子40歳以上〜49歳以下
2位/949人 0:42:39.659 【初入賞】
 
06/23 第5回ツール・ド・つくば
男子C 3位/267人 30:44.514

09/08 第10回 枝折峠ヒルクライムinうおぬま
雨天DNS

09/29 第3回まえばし赤城山ヒルクライム大会
男子C 39位/925人 1h10m40s

10/20 第3回ツールド群馬 上野村ヒルクライムレース2013
雨天DNS

11/10 龍勢ヒルクライム2013
男子E 3位/146人 42:59.253


シーズン前は後半の上野村か龍勢で5位とか6位のギリギリ入賞が
なんとか果たせれば良いなと考えていたので今年の結果は出来すぎです。
夏場にコンディション落とし過ぎましたがあの猛暑ではやむを得ないところ。
トータルでは大変満足のシーズンでした。



2014のレース出走予定
4月ツールド草津
5月ハルヒル
8月開催なら枝折峠(9月開催だと微妙)
9月赤城HC
11月龍勢HC
全て年代別の予定。

年明けのもてぎはまだ迷ってますが多分いかない方向です。
興が乗れば6月つくばに出るかもしれません。
10月の上野村はジャパンカップと被らなければ
普通に出ますが何故か毎年必ず被るので今のところ
どちらに行くか決めかねてます。

ターゲットレースというかリザルトに一番こだわりたいのは
やはりホームの赤城ですが自分の場合は夏場が本当に駄目なので
来年は無理をせずに出来る限り良い状態に体調を維持して
暑い時季をやり過ごしたいと思います。

全て年代別で走るからにはなんとか一度くらいは何処かで勝ちたいですね。その為に冬の間にしっかり鍛え治します。


posted by 柳 at 11:42| Comment(2) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

2013後の祭り

龍勢以降、しっかり食べているせいか力が漲っている感じでパワーの出方がまるで違う。
時間を区切った掛け方はしていませんが体感で概ねプラス10Wくらいの数字が表示されている。
あくまでも感じという話ですが。
1kg程重くなってますが龍勢ならばこっちの仕様の方が速いのではという備忘録。
1,2位のお二方もどちらかと言えばトルク型に見えましたしね。まぁなんとなくですが。
軽さの魅力に抗えず前日夜の摂取をセーブしたのは逆効果だったかな。
というか所詮付け焼き刃では戦えない訳で減量なんざ1ヶ月前に終わらせとけやと
来期の自分に強く進言致します。

しかしながら今回赤城以降の一連の急仕上げはそもそもリザルトを狙った訳ではなく
夏場に落ちきった体力を一度きっちりレースコンディションに戻してから
オフシーズンに移行したいというのが最大の目的だったので、
そういう意味では妥協なく想定通りのところまで持って行けたし
得るものも多かったと思います。
例年は最終戦の龍勢で悔しい思いをして
かなり前のめりにオフトレに突入しておりましたが
今年は心身ともに非常に好ましい状態でこの時期を迎えられました。
ここから暫くはオーバートレーニングに気を付けて
楽しく美味しくモリモリとボリュームを稼ぎたいと思います。

ここで敢えてキッパリと書きますが、
自分はこの冬で更に伸びる確信があります。
根拠は全くありませんがww
進化を続けるおっさん物語。来期の柳に乞うご期待♪


posted by 柳 at 11:31| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

11/10龍勢ヒルクライム

3時起床。
起床時体重54.6kg 上出来。

天さんが迎えに来て3時45分出発で4時50分着。
開門待ち3番目くらい。
別で来たシナノッチさんが偶然にも後ろに並ぶ。
5時20分に開門。まだ真っ暗でさみー。
明るくなってきたらモソモソと動き出して
いつもの練習仲間とかレースでしか会えない
マックさんとかとらやさんとか見つけてはご挨拶。
こーゆーのが楽しいんですよねー♪

でβ3人並んでローラーでアップしたり。
DSC_0468.JPG

記念撮影とかしちゃったり。
DSC_0470.JPG

でレースの方は別記のレポを参照してください。

ゴール後はまた皆の結果聞いたりワイワイと。
初優勝が期待されたシナノッチさんは惜しくも2位でしたが
これもお楽しみはまた来年と言うことで。
ぐんまちゃんはそつなく優勝。
かずにーさんも手堅く入賞。
そして全くやる気の無いよーなそぶりだったトッシーさんが
サラッとヒルクラ初優勝。カッコ良すぎる。

で、下山。
今回は一応雨が心配だったので下山用ホイールを預けてたのですが
雨も降らなかったし交換するのがメンドーだったので
替えずにそのまま預けて下山。

下りながらマックさんにトレーニング方法とか
レースの取り組み方とか有意義な話を聞かせて頂く。
途中後ろでハデな音がしたと思ったらシナノッチさんが
落車に巻き込まれてました。なんかそーゆー星の下なんですかね。
大事に至らなくて良かったですが災難でしたね。


表彰式。
DSC_0493.JPG DSC_0517.JPG

そしてシナノッチさんと2人でシーズンを締めくくる恒例の風呂へ。
今年は偶然通りかかったトッシーさんも交えて
アディクターズで1位、2位、3位の祝い風呂に。
しかしまぁ3人ともかなり絞れてて気持ち悪いww

トッシーさん見送ってシナノッチさんと飯を食おうと思ったら
自分の携帯が無いことに気付く。
暫しあたふたした後にシナノッチさんに電話をかけてもらうと
どこからか着信音が聞こえてきたので辿っていくと
風呂の受付で預かってくれてました。
お金払ったときに置き忘れたみたいです。
しかし安心したのも束の間で着信履歴とツイッターのTLを確認したら
ボクってば預けたホイール忘れてた事に気付く。
のほほーんと風呂入ってる間にマックさんとかスライムさんとか
ZENSUKEさんが手を尽くして連絡してくれてました。
ほんとご迷惑かけてスイマセンでした。
帰りに会場へ寄って撤収ギリギリで滑り込んで
無事回収できました。有難うございました。

最後にドタバタしちゃいましたが今年もシーズン締めくくりの龍勢は
とても楽しかったです。
皆さん来年もまた宜しくお願いします。




posted by 柳 at 21:34| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/10龍勢ヒルクライムレースレポ

忘れないうちにサクっとレポだけ。
備忘録、雑感、写真等はまた後程。
夢中の所業故、例によって脳内脚色、記憶違いはご了承下さい。

2013龍勢ヒルクライム 男子E 3位/146人

懸念された雨も降らずドライでのスタート。
今回は崩落による迂回路がちょっと危うい感じなのでパレード区間もなるべく前の方で。
最前列マックさんの隣でスタートしてそのままマーク。
4番手辺りで隣にタムラさん。
後半追い上げ型のタムラさんがスタートから積極的に位置取りしてるのが新鮮でした。
迂回路も無事通過してリアルスタート。
なんというかクラス全体がマックさんシフトで誰も牽かずマックさん先頭固定。
勿論自分も絶対に前には出ない方針だったのですが
さすがのマックさんも少しは牽いてよ的な素振りをするので
形だけちょこっと前に出たり。
そこにかねこれーしんぐさんが出てきてくれて少しの間3人で回す感じに。
自分はカッコだけでほとんど牽いてませんがそれでも先頭に出るというのは多少なりとも脚を削られるので
マックさんはかなり不利を被ってたでしょうね。
マークがキツイのは常勝者の宿命なのでちょっと憧れますが。
鳥居からはもうマックさんが積極的に牽く横綱相撲。
自分は3~4番手で少し落ちついたところで後ろを確認すると
丁度入賞枠分の6人パック。
次に後ろを確認したときは1人減って5人になってましたが
ここはもう入賞経験者ばかりの厳しい面子。
マックさん、大福屋さん、マルコバさん、FastLaneO田さん、β柳。
自分はメーター類付けてないので距離とか時間的な推移は
全然わからんのですが民家は過ぎて下りよりは手前のどこかで
先頭を牽き続けていたマックさんが遂に失速。
必ずしも実力通りにいかないのがレースの面白いところですね。
自分は大福屋さん、マルコバさんに続いて3番手でなんとか粘る。
下り辺りから路面が濡れていて怖い。
一度苔で後輪がヌルっと滑ってヒヤっとしました。
後ろはもう離れていたので3人パック。
ここで3位でも良いかなと思ってしまったのが自分の弱さですね。
残り2kmからジリジリ遅れはじめてそのまま3位でゴール。

想定通りの力は出せたので概ね納得の結果でした。


ところで男子Eのタイムってなんかの手違いじゃないですかね?
タムラさんも手元の時計と3分違うと言ってましたし。
自分はメーター無しなので全然わからんしグロスだからタイムはどうでも良いですけど。


DSC_0548.JPG


posted by 柳 at 10:23| Comment(2) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

09/29第3回赤城山ヒルクライム

レース結果
一般男子C 39位/925人(暫定版)
タイム 1h10m40s

起床時体重が61.2kgだったので計算表にはめてみると
253Wで4.1倍になりますがどうなんでしょう。
いずれにせよ今のコンディションでのベストは尽くしました。
これ以上特に書く事もなく。

帰宅してシャワー浴びてサッパリしたあと
家で暢気に掃除機なんかかけてる自分に
ふと違和感を感じて夕方から新坂平まで登る。
DSC_0342.JPG


体の奥で青く小さな炎がゆれています。

posted by 柳 at 21:35| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

09/08枝折峠ヒルクライム

枝折峠ヒルクライムに参加してきました。
スタートまでの記録係として。

朝4時前に天さんが迎えに来る。
ぜんぜん雨だけどね。
どーする?ヤメル?とか言いながら一応向かう。
まぁ一人だったら行かなかったね。

6時前に到着しちゃってちょっと早過ぎたねーなんて
思ったらシナノッチさんはもっと早かった。
シナノッチさんの隣で車中泊してるクルマがすらいむさんぽいので
揺すって起こしちゃおうかなんて言いながらも
違う人だったらシバかれるので止めておく。
たとえ本人だったとしても揺すって起こしたりしたら
シバかれるだろうという発想は当時ありませんでした。

程なくmatさんが到着したりかずにーさんが到着したり
タムラさんが到着したり隣のクルマから出てきたのは
やっぱりすらいむさんだったり。
なかなかの雨脚なので早々にDNSを決め込んでいた
自分と天さんは皆の顔を見に来たんだよねーなんて
言いつつも赤城でいつでも見れるだろーとツッ込んだり
してたらもけけさん登場。そーそーボクはもけけさんに
会いに来たんだよという事にしておく。

皆雨の中傘さしながらローラーでアップとかしてるので
自分は記録係りに徹する。

そんな訳で写真をどーぞ。


男子Cのスタートだけ動画にしてみました。


スタートを見送って早々に撤収。
走ってもいないのに帰りに谷川Pで谷川丼なんて食べちゃったり。
DSC_0252.JPG
いくらなんでも油が過ぎるよね。アハハ


あの天候でスタートしてった人達は皆カッコ良かったよ。マジで。


posted by 柳 at 21:18| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

06/23ツールドつくば

レース当日。
起床時体重は54kg
不調ながら体重だけはムリヤリ辻褄を合わせた感じ。
駐車場が5時半オープンと書いてあったので
4時前に起きてぐだぐだしてたら
5時前にシナノッチさんからメールでもう到着してますと。
開いてんのかい。
スグに出発して5時15分くらいに到着。
初めての大会でタイムスケジュールも良くわからず
余裕かましてたらなんかアッというまに開会式間近に。
慌ててローラーでアップ5分程度。ナニやってんだか。

自分はCクラス最終組のスタートなので開会式終わったら
後はひたすら待ち時間2時間弱。アップできたんじゃね?

一組40人程度で3分間隔のスタートですが
Cの最終組なんて大会も終盤ですやん。
シナノッチさんはゴールしたかしらという頃に漸く自分のスタート。
最前列から上げ目で入る。
先頭で不動峠の登り口に入ったところで一人抜いていったのですが
かなりの速度差だったので一人化け物が混じっていたかと思ったら
偽者だったようで5〜6分で落ちてくる。
3分間隔なのに不動峠の登りに入ったらもう前の組の人がいっぱい。
右開けてを何回叫んだことか。声出すのキツイんだってば。
レースというよりはとても走りづらい個人タイムトライアル。
自分の調子もイマイチで掛かる感じがまるでないが
とにかく今やれる限りでゴールまで右開けてを連呼。

最低でも30分切りと思っていたのですが全く奮わず
30分44秒でゴール。
んでも体重だけは落としてあったのでかろうじてこのタイムで
運良くCクラス3位に引っかかりました。
PTナシなのでSTRAVAデータで。



シナノッチさんと早々に下山バスに乗るも
ちっともリザルトがでないので
カレー食ったり
DSC_0790.JPG

足湯に浸かったりして時間を潰す。
DSC_0792.JPG

12時半頃に漸く表彰式。
DSC_0811.JPG

タイムが全然でていないので手放しに喜べないのですが
それでもやっぱり頂けるのは嬉しいですね。
努力の結果だしお金では買えないモノだから。
DSC_0824.JPG

調整の失敗やらは今後に生かせば良いとして
そもそも少しくらい調子が悪かろうがフツーに勝てるくらい
強くなろうと思いました。

またがんばります。


posted by 柳 at 19:52| Comment(2) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

06/22つくば前日

単独でつくば前日入り。
9時ごろ出ようと思ってたのですがなんだかんだぐだぐだと
結局10時過ぎに出発。
高速でビューーンと2時間半くらいで到着。
受付済ませて軽く不動峠1本くらいやっとこうかと。
着替えるのメンドーだからTシャツに短パンのままで
走り出すとスグにゴロゴロと雷の音が聞こえる。
さくっと1本だけ登って終わろうと思ったら5分くらいで
ポツポツと雨が降り始めちゃったのでバイク汚すのも嫌だし
濡れるのも嫌だし車に戻ろうかとUターン。
ですが不動峠ってばなんか苔むしてて濡れたらトゥルットゥル。
別にスピードも出てなかったのですがスッテンコロリ。

そこらじゅうから血がでたり。
DSC_0777.JPG

靴が壊れたり。
DSC_0781.JPG

買ったばかりの9000が傷だらけになったり。
DSC_0783.JPG

DSC_0785.JPG
泣けるね。。。

とりあえず泥だらけになったTシャツと短パンと
傷口を公園の水道で洗ってドラッグストアで絆創膏買って
ユニクロ行ってTシャツとパンツ買ってホテルにチェックイン。
つくばまで行ってナニしとんねん。へこむわー。

10時ごろ就寝。
なんかよく眠れんかった。。。


posted by 柳 at 19:03| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

05/19第一回榛名山ヒルクライムin高崎

レース本番当日。
起床時体重53.5kg
この数字を見たとき、もしかしたら入賞イケルかもと思った。
なにしろ瞬間的とはいえタムラさんやシナノッチさんよりも軽いんだもの。

備忘録的駄文。
エントリーは榛名湖コース 男子40歳以上〜49歳以下。
大規模大会の第一回という事で様子がわからんので早めの会場入り。
3時に家を出て天さんち回って2台で下室田小駐車場へ。
ちと早すぎた感じ。
30分ほど軽くローラーを回しておく。
備忘録と言いながらすでにこの辺の時間の推移を
忘れてしまっているがたぶん5時過ぎてからメイン会場に向かったら
既に会場付近は行列で荷物預けに手間取ったりして。
早めに会場入りした意味がないw
整列場所へ行くともう20〜30台はならんでいてちょっと出遅れた感じ。
でもまぁスタート地点まで結構移動距離があるのでそこでなんとかできるかなと。
あとは時間まで顔見知りな方達に挨拶やお初ですどーも的な楽しい時間。
レースって出れば出るほどこーゆー仲間も増えていくのでより楽しくなっていく。
あっとゆー間に時間は過ぎてスタート地点への移動開始。
するするっと上がって前から3列目だったか、
本日のターゲット、バキンさんの隣へ滑り込み成功。
寝坊して出遅れていたシナノッチさんもちゃっかり
隣へ上がってきていて万全の体制。
で、このままスタートまで40分程待機だそうで
またまた楽しい歓談タイムw
01.jpg

02.jpg 03.jpg
04.jpg 05.jpg


レース本番。
年代別はクラス関係なく申告タイム順のゼッケンで速い方から300人ずつの混走スタートという珍しい形式。
なのでクラスの違うシナノッチさんや、30代の強烈メンバーとも一緒にスタート出来て楽しいのですがゼッケンの色分けもなにも無いので自分のクラス順位が全くわからないのが難点ですね。
とりあえず前列付近で40代の要チェックは入賞常連のバキンさんとマックハムスターさん。
後はもうさっぱりわかりませんが自分は予定通りバキンさん徹底マークの方針で。
多分シナノッチさんも同じ方針。
エキスパスタートの5分後にいよいよスタート。

ここからはとにかく夢中で記憶違いや脳内脚色もあると思いますので半ばフィクションとしてお読みくださいませ。

とりあえずネット計測なので開始ライン手前ではマックハムスターさんもちょっと回りを伺ったり、誰が牽くの?みたいな感じもあってヌルッと通過。
気付くと最前列に並んでいたチームメイトの小(A)さんが先頭を牽いていた。
ナイスアピールww
緩めのスタートでしたがやがて大本命の登場。
右側からOくぼさんとその後にピタリと着けたmatさんが上がって行くのが見えたのでグイっと手綱を絞りペースアップに備える。
ここからはOくぼさんの牽きですが前半は斜度も緩くドラフティングが効くのでそれ程キツくはない。
しかし2キロ程走ったところでしょうか、目の前でシナノッチさんが前輪ハスッて衝撃の落車!!
危うく自分も乗り上げそうになりましたがなんとか回避。
自分はシナノッチさんが腰痛から漸くここまでこぎつけたプロセスをよく知っているし自分にしても今日ここでシナノッチさんとやり合う為に積んできたようなものなので正直かなり動揺しました。
しかし今の自分がやるべき事はシナノッチさんの思いも背負って一秒でも速くゴールする事だと気合いを入れ直してレースに集中する。
Oくぼさんの意図的な揺さぶりなのか単にそうゆう走り方なのか、斜度の変わるところで時々インターバルが掛かってキツくなるが誰か前出てよみたいな感じで緩むところもあってなんとか千切れずに凌ぐ。
自分は後ろを振り返る余裕は全くありませんが集団は20名程に絞られていたようです。
ポジション的にはOくぼさん以下数名の30代選手に続きマックハムスターさん、バキンさん、自分な感じで。
斜度も増しレースがキツくなってくるとマックハムスターさんとバキンさんの間が少し開いたりしてくる。
自分はバキンさんが中盤無理せず温存し、後半しっかり巻き返す見事なペース配分を何度も見ているので最も正しい戦略はここで自分も無理をせずバキンさんを徹底マークする事だと頭では考えるのですが、やはり力の限り前を追うのが自分のスタイル。無茶でも前に出てマックハムスターさんを追う。
いよいよ厳しくなってきたところで右側から力強く上がってきた選手を見るとなんとあのKぼたさん。
イタノネー
Kぼたさんは完全に同クラス40代の入賞級実力者だしネット計測で後方スタートですからここで1つ順位が下がる。
自分は既に限界域なのでひたすら耐えるのみ。
しかしKぼたさんも上がってくるのに脚を使ったのか少しずつ下がって行く。
神社手前の急勾配辺りでは完全にバラけ始めて前方に5名程。
Oくぼさんに続く3名はmatさん、すらいむさん、ぐんまちゃんと顔見知りの30代だしもう1名の方も見た目から多分ヤングな30代と思われるので、その後を追うマックハムスターさんがやはり40代のトップの筈。
自分は2番手で後ろを振り返る余裕は全くないが間違いなくバキンさんがいる筈。
脚はとうに限界を超えていてピクピクと今にも攣りそう。
攣ってしまえば確実にバキンさんにやられるので上がらずともなんとか下がらないギリギリの線で回し続ける我慢大会。
もう前はジリジリと離れていく。
後ろはどうなのか。
明らかにプレッシャーは感じる。
沿道の観戦者が自分のすぐ後ろに向かってバキンさん頑張れーと声を掛けたのがはっきり聞こえた。
やはり確実に近くいる。
なんとかゴールまで耐えてくれオレの脚。
何度も折れそうになる心と体を奮い立たせ少しずつゴールへ近づく。
ラスト500メートルで左後方からダンシングの気配が迫るがもうなにも出来ない。
しかし抜いて行ったのは30代と思われる若い選手だった。
続いてゴール!!
かろうじて逃げきりました。
脚が攣る寸前なのでそのまま軽く回しながら湖畔へ降りるとすぐにバキンさんが追いついてきて声を掛けてくれた。
お互いの検討を称え会う最高の時間です。
06.jpg
感慨無量。

山頂はまだガラガラなので荷物受け取ったらテーブルゲットして
おもてなしを受ける。
なめこ汁にコーヒー甘酒飲み放題。
どら焼きに羊羹にあめにかりんとうも食べ放題。
更に皆が持参したチョコレートやカステラなんかも頂きつつ盛りあがる。
そしてなんと長い待ち時間を見越していたすらいむさんが
MACBOOKを持ち込んでいてさっきのレースの録れたて動画が観賞できる
という楽しすぎるレース後の山頂。
すらいむさんいろいろすげー♪
この動画は後ほどアップしてくれるそうですよー。
更にDNFだと思っていたシナノッチさんが何故か山頂に到着。
なんと通りかかったあの黄色いマビックカーからホイールを借りて
登ってきたそーな。
しかも千人は抜いて来たぜと威張ってるしww
さすが我がライバル、転んでもただでは起きない。
そしてレースの結果を告げると自分のことのように喜んでくれて
本当に嬉しかった。
次こそは転ばずに揃って表彰台に乗ろうぜ。

そして表彰式。
07.jpg

表彰台常連のお二人に恥ずかしいポーズを強要されて
初の晴れ舞台で大怪我するの図
08.jpg


そして下山。
とにかくスゴイ人数なのでかなり時間が掛かったけどまぁ仕方ないですね。

メイン会場へ戻って完走証と賞状の受け取り。
副賞は桃か梨が選べたのですが自分は桃にしました。
一番おいしい時期に届けてくれるそうです。

駐車場へ戻って天さんと合流。
入賞祝いに昼飯をご馳走してくれるそうなので
有難く頂くことにしてレース後の定番、大榛の生姜焼き♪
これが食べたかったんだよねー。
天さんご馳走さまでした!

更に帰り道では嫁にご褒美ケーキとアイスも買ってもらって
もう幸せ〜。

食べ過ぎて体重が2キロ増えましたけどね。

そんな訳で自分にとっては最高のハルヒルでした。
皆さん本当に有難うございました。

明日からまた頑張るぞー!

posted by 柳 at 06:48| Comment(11) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。